1番多かったのは韓国人の男性と日本人の女性のカップル

わたしの周りだけかもしれませんが、韓国人の男性と、日本人の女性カップルがたくさんいました。

他は、台湾人の男性と日本人の女性、ブラジリアンの女性とサウジアラビアンの男性、台湾人の女性と韓国人の男性がいました。
同じ国のカップルも少なくありませんでした。

1番多かったのは韓国人の男性と日本人の女性のカップルですが、その逆は見たことがありません。

わたしの個人てきな意見ですが、日本人の女性にとって、韓国人の男性は日本人の男性より優しく、レディファーストです。

強いていうならボディタッチも少し多いような気はしますが。

そして、韓国人の女性は、日本人の女性より、あきらかにキツイです。

我が強く、プライドが高いと思います。

なので、協調性のある日本の国柄は、日本の男性には手に負えないような感じでした。

わたしの友人は、わたしとカナダで知り合ったあと、オーストラリアにも留学しましたが、カナダでもオーストラリアでも、韓国人の男性とお付き合いしていました。

ちなみに、カナダで知り合った韓国人とは帰国後直ぐに分かれていました。

これは、同じ国同士のカップルにも言えることですが、やはりなかなか続かないようです。

留学するような年齢、ようするに若いからというのも理由になると思いますが、やはり大きいのは、留学マジックです。
普段ならいいと思わないような人も良くみえます。

学生になるということも大きな理由でしょう。

学生ビザの場合、働けないのでひまなので。

いざ帰国してみると

家族

友人

仕事。日常がもどります。

忙しくなります。

なかなか続かない理由になるでしょう。

しかしながら、唯一ですが、わたしの友人は結婚しました。

台湾人の男性と、日本人の女性です。

カナダでお付き合いするようになり、帰国予定日をずらし、ビザを取り直し延長し、ふたりでアパートを借りて一年ほど一緒に住んでいました。

そのあとお互い帰国しましたが、遠距離は半年もしていないと思います。

すぐお互いの両親に報告し、すぐに友人は台湾へ。

結婚式は日本でも台湾でもしていました。

友人はとても幸せそうで、こどもはまだいないようですが、今は台湾で日本語学校の先生として働き、素敵な新婚生活を送っています。

そういえば、韓国人の男性と、台湾人の女性のカップルも、台湾人の女性が韓国に留学し、そのあとはふたりでオーストラリアに留学し、すでに五年が経過しています。が、結婚はしていないようです。なにか事情があるのかもしれませんね。