香港への英語留学

 

香港は日本からの英語留学先として、年々人気が高くなっています。

アジアの中でも有数の世界都市の一つでもある香港。

日本からすぐに足を運ぶことが出来ることやショッピングや質の高いエステを楽しむことが出来るということから、毎年多くの日本人が香港へと旅行へ出かけています。

海外旅行先としてもとても人気の高いこの香港ですが、最近では日本からの英語留学先としても注目されています。

香港の公用語は広東語と英語。

この地域では人口の95%ほどが広東語を普段の生活で使用していますが、イギリス領であったということや国際自由港であるということなどから、英語を使える人の数も多いです。

現在では英語教育の質も高く、若い人のほとんどが英語を使用することが出来ます。

このように英語教育に力を入れている香港では、留学生も質の高い英語教育を受けることが可能です。

また、日本から近く、日本人が住みやすい環境であるということも魅力の一つです。

日本から香港までのフライト時間は4時間程度と行き帰りも楽で、日本のテレビ番組を見ることの出来るチャンネルもあります。

あまり海外旅行に慣れていないという人ならば、このような日本人が住みやすい環境はありがたい事でしょう。

欧米などの英語留学先と比べても物価も比較的安いですが、アジアの他の英語留学スポットであるタイやマレーシアなどと比べれば高いです。

出来るだけ生活費を抑えて英語を学習したいという方はよく調べてから留学先を選びましょう。

また、仕方のないことですが香港英語にはなまりがあります。

香港の語学学校で英語のレッスンをしてくれる講師の方も香港人の方が多いので、よりネイティブに近い発音で英語を習得したいという方には、あまり香港への英語留学は向いていません。

香港での英語教育の歴史はそれほど長くありません。

若い方ならば英語を喋ることの出来る人も多いのですが、英語教育を受けてこなかった年配の方などは英語を喋ることが出来る人は多くありません。

生活の中でも英語ではなく、広東語を耳にすることが普通でしょう。