オージーの友人はほぼいません

 

 

留学希望の人なら誰でも、現地の友達を作りたいと思っていますよね。

では、実際留学すれば簡単にすぐ現地の友達ができるものかというと、、、やっぱりその人次第。積極的に話しかけるかどうかはもちろんですが、生活のスタイルや行動範囲などに大きく左右されるかと思います。

私はオーストラリアに2年ワーキングホリデーで行っていましたが、結果からいうと、オージーの友人はほぼいませんし、現在ドイツに住んでいますがドイツ人の友人も少ないです。。。ゼロではありませんが。

なぜかというと、最初はみんな語学学校に通うことが多いというのが大きいです。語学学校に現地の人は来ませんもんね。

そこで韓国人、日本人などアジア圏の人はアジア、ヨーロッパはヨーロッパなど、同じ国や地域でかたまってしまう傾向はどこでもあるようです。

でも、これは別に悲観することではないと思います。語学学校などで知り合った仲間は、同じ英語レベルや似たアクセントを持ったの人たちなので会話をする上でネイティブの人よりも伝わりやすい、聞き取りやすいと私は感じました。

それに、同じ境遇の人(慣れない土地で英語を勉強しようとがんばっている)と仲良くなるのは心強いです。いろいろ相談したり情報も交換できます。

もし、せっかく留学して日本人同士でかたまるなんて絶対いやだ!という方は、ぜひバックパッカーズホステルを利用して貧乏旅行したり、パブに足を運んだりしてみるといいと思います。

お金がないけど旅行したい人は、一日数時間の労働の対価としてホステルなどの宿泊費や食費がタダになるシステムもありますよ。

ヘルプイクスチェンジや、ウーフなどがそれにあたります。これだと節約しながら旅行もできて、他の旅行者や現地の人とも触れ合えます。私はウーフを使ってファームで働きましたが、現地の人(オーナーや町の人)と仲良くなったし他のワーカーも多国籍だったので交流が広がりました。

語学学校やアルバイト先よりもこの時の友人たちのほうが付き合いが深く、何年も経ったいまでも定期的に連絡している人が何人かいます。

シェアハウスに住むのもいいですね。

一緒に住むわけですから、毎日顔を合わせますし、当然、会話もしますので、自然に英語も身につきます。仲良くなれば、一緒に外出したり、夕飯を作ったり。

言語イクスチェンジもおすすめです。例えば英語をスキルアップしたい日本人と、日本語に興味がある現地の人がお互いに教えあうというものです。

定期的に集まっているグループや、個人で会う場合もありますが、この場合だと相手も日本に興味がある人ですので話も合いやすいです。

仕事や、旅行・趣味仲間、シェアメイトなど欲しいけど、どうすればいいか分からないというときは、現地の留学サポートエージェントやホステルの掲示板にたくさん情報がありますし、無料で相談に乗ってくれるエージェントもたくさんあると思います。

大きめの街なら、日本人向けの情報誌なども無料で配られていたりしてそこにも役立つ情報がたくさんありますよ。まずはこれらの情報をあたってみてください!

人生のうちに何度もない留学経験、そこで出会った人たちは国籍関係なく一生の宝物ですね。